NEWS

夏の冷えに備える

【夏は体が冷える原因が沢山です】

暑い夏。一年の中で気温は最も高くなる季節ですが、一番体が冷えやすい季節でもあります。冷房の効いた部屋に長時間いたり、冷たい飲み物、食事、糖分の多いアイスクリームやかき氷を食べる機会が多かったり…。このように夏は体が冷える原因が沢山です。

 

 

【その「冷え」とは、体がどのようになることをいうのでしょうか。】

冷えは、血液の流れが悪いため毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、そのために手足などが冷えてしまう状態のことです。冷えを放っておくと体の様々なところに不調が出てきます。服装で調整することはもちろんですが、特に食べ物には注意が必要です。私たちの体は食べ物で成り立っています。まずは食べ物を見直すことが大切です。夏は、素麺や冷やし中華など冷たい食事を、しかも簡単に単品で済ませる機会が増えるかと思います。体を冷やすといわれている陰性の食べ物(トマト、キュウリ、砂糖や甘味料など)を摂り過ぎないよう、陽性の食べ物(人参、玉ねぎ、生姜、小豆、香辛料など)を取り入れて、バランスのよい食事をしましょう。

 

 

【醗酵食品の大切さ】

そして発酵食品は食品に含まれる酵素が代謝を促し、体を温めると言われています。キムチや納豆、チーズなどの発酵食品や味噌、醤油、酢などの発酵調味料があげられます。弊社のオリーゼシリーズは糖分を一切使わず自然素材で作られた、酵素(醗酵食品)です。体を温める(体温をあげる)お手伝いを致します。毎日の習慣にオススメです。今から夏に向けて取り入れてみてください。