NEWS

【コラム】消毒薬は安全なの?~次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い~

新型コロナウイルス感染症の脅威が増すとともに消毒薬(消毒用エタノールと次亜塩素酸ナトリウム)がお店で品切れ状態となりました。そうした中、代替品として次亜塩素酸水の注目度が高まり、全国で急速な勢いで使用されています。本来、次亜塩素酸水は専用の生成装置を用いて生成し、流水使用することが原則です。しかしながら、緊急事態のため、容器入りの様々な次亜塩素酸水が出回りました。中には、次亜塩素酸ナトリウムに酸を混合希釈したものや次亜塩素酸カルシウムなども次亜塩素酸水という商品名で販売されているようですのでどうぞ十分にご注意ください。

 

【次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い】

■次亜塩素酸水
・食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したもの
・有機物に触れる(=効果を発揮後)と水とわずかの塩と窒素化合物に。
比較的安全だが、有効時間が短い、保存容器の能力(遮光性等も影響)によっても有効時間が短くなる

■次亜塩素酸ナトリウム
・塩素系殺菌剤のひとつ。ハイターやカビキラーなど。
・人体への使用や噴霧は禁止
呼吸器系への障害など。取り扱いには十分にご注意を。

 

安全・安心に、持続性がある「プラントマグマ クリア」と、免疫をアップさせる「オリーゼ」は、今は特に必要だと言えます。

 

■除菌・抗菌+消臭プラントマグマクリア

 

 

 

植物性醗酵食品オリーゼ