NEWS

食中毒にご用心~夏場の食中毒~

こんにちは。

夏になりどんどん気温が上昇してきます。

この梅雨から夏にかけて多く発生するのが食中毒。

皆さんどのようなことに気をつけていらっしゃいますか?

 

食中毒とは、有害な微生物(細菌やウイルス)に起因する健康被害です。食品や飲料を介して有害物質が体内に入ると、腹痛、嘔吐、下痢、発熱などの症状が現れます。

 

【食中毒から身を守る予防のポイント】

・食材を購入・保存する時に気をつけることは、肉や魚は持ち帰る時に汁が漏れないよう注意して一つ一つ袋に入れるなどし、できれば氷や保冷剤を利用する。

・冷蔵庫や冷凍庫は詰め込みすぎないこと。庫内の温度が高くなってしまいます。

・食材を釣り扱う前と後に、手指をしっかり洗う

・まな板の上で着るのはまず野菜から肉を切るなど調理の順番を考える

 

私は、食材を冷蔵・冷凍保存する前にプラントマグマ 5%入りの水に(プラントマグマ 0.1%)漬け込み、その汚れを拭きとります。そしてお弁当や食事を食べる際には、スプレー容器で5%液をシュシュっとかけてから食べます。プラントマグマ は、大腸菌・緑膿菌・黄色ブドウ球菌・レジオネラ・霊菌・白癬菌を殺菌することを(財)日本食品分析センターで検証し、認められています。プラントマグマ は野生植物と海藻から作られた自然のミネラルです。安心して使用できます。ぜひお試しください♪

(文:オリーゼ本舗 大場なつき)

 

 

 

植物マグマ水の生菌数測定結果
各試験菌とも植物マグマ水を加えた検体は5分後には、<10となって、菌が死滅しているのがわかります。