創業73年

オリーゼ本舗が愛される5つの理由

創業当時から変わらぬ製法で丁寧に丁寧に。

1.糖分を一切使わない酵素食品

オリーゼ本舗は昭和19年から、ずっと丁寧に糖分不使用の酵素食品を作りつづけています。生野菜や発酵食品に多く含まれる酵素。現在、酵素飲料ブームによりたくさんの酵素製品を見かけることでしょう。その一般的な酵素ドリンクの約52%が糖分なのです。市販されている多くの酵素ドリンクは「砂糖づけ」の発酵法によりエキスを抽出するものがほとんどなのです。このように「砂糖づけ」で作られた酵素ドリンクの52%が砂糖で構成されていることがわかりました。砂糖で醗酵させる方法もありますが、生活習慣病や老化のスピードを早めてしまうと言われる「糖化」…体にイイと思っていた酵素が、実は…糖分の取り過ぎになることも。オリーゼは糖分を全く使わずに醗酵させる独自の製造方法で作られます。

酵素についてもっと詳しく >

海の青と山の緑美しい「唐津」にオリーゼ本舗はあります。

2.自然素材・無添加へのこだわり

オリーゼに使用している原料は、全て自社農園である「オリーゼミネラル農園」で栽培するドクダミなど、全て自然素材を使用。昭和19年の創業以来、無添加にとことんこだわっています。安心・安全でおいしい野菜を食べてもらいたいので、オリーゼ農園では無農薬を徹底しています。また、生物還元力の強い野生ミネラルを種と土にたっぷり使用しています。受粉用のマルハナバチも国産尾蜂、使う種はF1種ではない在来種を使っています。

徹底した温度管理と熟練の技術で醗酵。

3.創業以来変わらぬ製造工程

「酵素は健康の源である!」という信念を支えに酵母学の権威 農学博士・故片山庄司先生の教えを忠実に守り、先代が研究に没頭し完成させたのが「オリーゼ」です。創業昭和19年以来、創業当時の製法を守り、室(むろ)で原料を独自の温度管理と熟練の技術で醗酵させて原末を製造いたします。この人の手による醗酵技術が質の決め手となります。植物性発酵食品「オリーゼ」は、麹菌・酵母・乳酸菌などを安定培養させた植物性発酵食品です。日本では昔から酒や味噌、醤油づくりに使われてきた麹菌の一種で酵素をつくりだす「アスペルギルスオリゼー菌」を含んでいるのも特徴です。

先代が研究に没頭し、 誕生した「オリーゼ」

4.自然食品の草分け的な存在として

オリーゼを生み出したのは、創業者である私の父、大場八治です。大正3年生まれの父は15歳の時、大阪に出たのです。農家へ奉公の少年時代、たまに訪れていた片山先生より酵素学の基礎を学んだのでした。やがて、父は戦火のなかで、妻を肺結核で亡くします。「人を元気にする酵素」について学び始めていた父は、もっと早く知っていれば妻を死なせることはなかっただろうと、酵素の勉強を一段と深めたのでした。そして、父は、片山先生指導のもと、「オリーゼ」を生み出したのでした。当初は牛やヤギを元気にする栄養素として使用し、排泄力が高まり食欲が戻り元気になる。それだけでなく、搾乳率も高まることが分かり、自信をつけ、改良に改良を重ね、ついに、誰もが安心して飲める「オリーゼ」が完成したのです。

オリーゼ誕生物語へ >

昭和19年から伝わる発酵食品のススメ「酵素は健康の源である!」という信念を支えに酵母学の権威、農学博士・故片山庄司先生の教えを忠実に守り、先代が研究に没頭し完成させたのが「オリーゼ」です。創業昭和19年以来、自然食品の草分け的な存在として全国のお客様に愛されて参りました。

5.お喜びの声

全て御客様からいただきましたお便りのみを掲載させていただいております。※掲載内容はお客様のご感想であり、商品の効果・効能ではありません。