NEWS

「プラントマグマクリア」のヒトコロナウイルス、インフルエンザウイルスに対する不活化試験で、不活化(死滅)が確認されました

除菌、抗菌剤として開発した植物マグマ液「プラントマグマクリア」のヒトコロナウイルス、インフルエンザウイルスに対する不活化試験で、不活化(死滅)が確認されました

これまで、大腸菌、大腸菌O-157、緑膿菌、サルモネラ、セラチア、MRSA、腸炎ビブリオ、白癬菌などについての殺菌効果について、効果の検証は日本食品分析センターで行っていただきました。(表1参照)今回はヒトコロナウイルスとインフルエンザウイルスの不活化(死滅)試験を行っていただいた結果、両ウイルスともに、植物マグマ液「プラントマグマクリア」で不活化効果が示されました。(表2、表3)

特に、ヒトコロナウイルスの不活化試験では、「プラントマグマクリア」を10倍に薄めても、5分後の感染価測定で5.2 LogTCID50/mlから2.5 LogTCID50/mlを示しました。これは (158489)➡ (316)に下がったということですから、3オーダーも下がったことになりますので、完全に不活化が10倍希釈液で示されたことになります。